2004-12-15

トスカニーニ

 トスカニーニの譜面に忠実な指揮は,新即物主義という思潮としてとらえられていたようで,ロマン的表現主義の巨匠であるフルトヴェングラーと対照されることが多い.しかし,トスカニーニの表現において指揮者の芸術的解釈をなす表現がなかったわけではないのだ.むしろ,表現のある種の巧みさによって煙にまかない潔さとして受け取れる.原譜に忠実であっても他に類をみない,高い芸術性の溢れる演奏を実現している.

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home