2005-10-25

メモ:Anorexia の動物モデルの困難についての Mrosovsky の指摘

ラットなどにおける時間制限給餌と運動の機会の組み合わせによる anorexia の動物モデルは、もっとも作製が容易であることからも有力なモデルであると考えられてきた。Mrosovsky(1984)は、制限給餌スケジュールへの対処の困難が、ラットの self-starvation の原因にあるだろうと予測した。あわせて、動物アナロジーにによる「ダイエット」の再現―すなわち anorexia のモデルの産出は、なぜ anorexia の患者がそのようするのかを洞察し得ないと指摘している。

 動物においては、家族力動や不適切感、身体像の歪曲といったような諸要因間の相互作用をモデル化していない(Mrosovsky, 1984)。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home